結(ゆい)参加者の声

「結」参加者の声 (2021年:令和3年3、4月)

初参加者』

・始めての参加だったが、少しでも役に立ったならば幸い。

・貴重なワカメ漁業の体験をさせてもらった。また、受入れ漁家だけではなく、ほかの漁家とも交流できてよかった。

・沖の筏でのワカメの生育状況の見学や加工の工夫などお話が伺え勉強になった。

・「カメノテ」 など珍しいものが食べられた。

・作業をしながら、漁家の生活習慣などのお話が聞けてとても楽しかった。

・スピードと正確性の両立がむつかしい。

・受け入れ漁家に 「自分たちと同じ程度に作業がやれている」 と言われてうれしかった。

・受け入れ漁家はもちろんほかの漁家にも親切にしてもらい終始楽しく過ごすことができた。

・ワカメにつく白い汚れ 「コセ」 (ヒラハコケムシ) を完璧にはとれなかったが、楽しかった。

・集落全体での助け合いのお話を聞かせてもらい興味深かった。

・お母さんたちの手が早すぎ。 また来れる日にはあのスピードでやってみたい。

・浜作業の時にゆでたてのメカブを試食させてもらい、今まで食べたことがないほどおいしく感じ、感動した。

・3泊4日の結 (ゆい) に参加させてもらい、とても有意義な時間を過ごすことができた。機会があればまた参加したい。

・最終日に島内見学までさせていただき勉強になった。

『複数回以上の参加者』

・1年ぶりの作業で初日は少してこずったが感覚が戻り、よくできるようになった。楽しかった。

・帰る日になり完全に芯抜きのコッをつかんだと思う。また来年になると忘れてしまうのが残念。答志島ファンとしては毎年お手伝いしたい。

・今年は 「コセ」 が付いていて大変と聞いていたが、実際にやってみてその大変さがわかった。

・今年は汚れが多く大切に育てたワカメの大半が利用できなかったのは残念。

・「コセ」 による作業負荷は計り知れないものがある。 結 (ゆい) の出番と感じた。頑張りがいがあった。今後もできるだけ参加したい。

・例年と違うものについては要注意。例えばメカブについた 「コセ」。 出荷と廃棄の判断がむつかしかった。

・偶然にも聖火リレーを見ることができた。和具浦に何度も来て貴重な機会を得ることができた。今回も楽しかった。ありがとう。

・またいい体験ができた。

・ウグイス、イソヒヨドリ、雄鶏の鳴き声などが楽しめた。

・一日中 「コセ」 取り作業で、腰、首の血流が悪くなった感じ。それをほぐす会話が適度に行えた。コセ取りなんぞにはくじけない。 雨二モマケズ、コセ二モマケズ。

・サンシャインビーチで弁当をたべたが、空気がきれいで気持ちがよかった。

・9泊10日滞在の最後の夜に飲みすぎた。

・和具浦のワカメ品質を上げるお手伝いができればと思う。

・新しい参加者にこれまでの経験を活かし作業指導を行った。


令和元年度わかめ漁期(令和2年3月~4月)参加者の声

(作業内容について)

・1年ぶりだが、不思議にこれまでの蓄積ができて、手が勝手に動くようになった。年老いても経験はすごい。

・何度も参加していることに浮かれることなく、ワカメ作業の原点に戻り作業を行うことができた。

・出荷前の選別作業が付加価値を上げる一翼となり得ることを感じた。

・エコラベルを取得したためか、作業小屋内でマスクとキャップを付けるようになり、対応が一変していた。

・初めての参加だったが、最終日になり作業の質と速さが向上した。受入れ漁家から「随分慣れたなあ」と言われ大変うれしかった。

・何度も来ているが、漁家によって作業方法や設備が違って作業の始めに一瞬迷う。

・漁家によって作業内容が違う。統一すべきではないか。結(ゆい)で作業の目的を解説した冊子を作って研修すればよい。

・旅館の温泉で作業の疲れが取れた。

・初めての漁家であったが、気さくな方で十分コミュニケーションが取れた。

・コロナの影響で参加者の員数が少なく寂しい。

・生まれて初めての体験だったが、適切な指導をしていただき楽しく作業ができた。

・家族での作業のためか、非常に暖かく進められている。離島の漁師の生活が少しわかってきたように思う。

・浜作業でメカブ削ぎをやった。一家総出で小学生の男の子も作業していてとても熟達しておりすごさを感じた。

・結(ゆい)の先輩が新人をさりげなく指導してくれた。

・芯抜き作業は、始めは少し戸惑ったが、ツルリと剥けるのが楽しかった。

・湯通し後のワカメを冷やす作業がとても楽しかった。冷やしている間も異物が混じっていないか見るので少し難しかった。

・4日目となり、スラスラ作業ができるようになり楽しかった。また来ることができればまた来たい。

・同じ漁家で作業することになった初めて参加の若い娘さんに作業の指導を行った。

・浜作業で隣り合う受け入れ漁家の間を渡り歩き濃密に活動した。
・選別でバラ葉の基準に戸惑った。

(その他、全体的に)

・作業後に十分交流ができた。

・また来たいと思う。

・答志島の方々がとても暖かく迎えてくれてすぐに島が大好きになった。漁師の豪快さに驚きつつも、貴重な経験をさせてもらった。

・朝日がとてもきれいで朝の散歩も楽しめた。

・作業が早く終わったので、釣りに行った。人生初の体験だったので、非常に良い思い出ができた。ボラは漁師の方には評判の良い魚ではなかったが、初めて釣ったので、とてもおいしく感じた。

・作業後の懇親会が想定以上に盛り上がり楽しかった。

・懇親の場所が広くなりリラックスができた。

・漁師さんは想定より口調がやさしく、予想以上に良い人たちであった。

・毎年来るたびに新しい発見があり、楽しく取り組めている。

・20年に一度の神事「ご用材運搬」を遊覧船から見学。天気の良い中進みゆく漁船団美しく、若者も島の方も皆一丸と聖なる木材を運ぶ祭事に感動した。

・20年に一度の神事を見学させてもらい、団結して島の伝統を守る姿を目のあたりにして、その熱意に圧倒された。


平成30年度わかめ漁期(平成31年3月~4月)参加者の声

・1年ぶりの作業のため忘れていていることも多かったが、作業手順を教えていただいて進めることができた。

・ワカメの海水での冷却で鮮やかな深緑にわかるのに感動した。

・漁家の皆さんとの交流会で話すことができてすばらしかった。このような機会を与えていただいたことに感謝。

・初めてお手伝いする漁家で、多少のプレッシャーがあったが、スムーズに溶け込めた。

・予定より早く午前中で作業が終わり、午後は自主的にほかの漁家の手伝いに入ったが、臨機応変な対応が必要と思った。

・いろいろな漁師さんや結(ゆい)のメンバーとのやり取りが楽しかった。人とのつながりを感じる。

・見ると簡単そうだが、実際にやってみると思うようにいかなかった。しかしやり進めているうちにコツがつかめ、楽しくなった。

・夢中になって根をつめてやっていたら、「漁師さんに勝てるわけがないんだから、勝とうと思っちゃ駄目だよ!」と(冗談で)言われ、ふとリラックスできた。

・慣れたころに帰ることになったが、3泊4日くらいが一番よい。

・今日は漁家のおじいさんの昔話を聞いたりして談笑することができて楽しい時間を過ごすことができた。

・微力ながら感謝されるとうれしくまた参加したいと思った。

・一日中同じ作業ではないので、気分転換になりとても良いと思った。

・非日常の生活を経験し考えさせることが多く良い機会だった。

・自分の満足ではなく、相手がどれだけ喜んでくれるかがボランティアにおいて大切なことだと知った。

・「ゆい」と書いた腕章を見て、出会う島民の人々が声をかけてくれるようになり、4年間の蓄積の大きさを感じた。

・漁師の方は荒々しい性格だと思っていたが、皆さんやさしい方々ばかりで楽しく作業をさせていただいた。

・普通の旅行だと地元の料理を楽しむだけだが、ここでは地元の漁師と飲みながら交流ができるのでうれしい。

・受け入れ漁家の息子さん(11歳)のメカブ削ぎのスピードの速さにびっくり。3歳の時から手伝っているとのこと。私も一所懸命に手伝いましたが、・・・

・受け入れ漁家のご主人に「手伝ってもらってよかった」と言われうれしかった。奥さんやおばあさんとも打ち解けて、だんだん楽しくなり参加して本当に良かったと思った。

・同じ格好での作業が続いたときには、時々立ち上がりからだを動かすべきだと思った。

・浜作業は結構重労働で、漁師の皆さんの大変さが実感できた。

・島の案内までしていただいてとても充実した最終日となった。

・大したお手伝いではないのに、感謝されていると強く感じた。

・「懇親会」での会話の「その続き」が聞きたいことがたくさんあった。

・天気が良いときの浜作業は快適。時間の経過もわからず、健康的で大満足。

・楽しかった。また来たい。ありがとう。

・夕方の懇親会で漁協の問題をいろいろ知ることができて、たいへんだなーと実感した。

・旅館の展望風呂で作業の疲れもとれてリラックスできた。